×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

←ホームへ
4日目

4日目(2006年10月16日) グランドキャニオンからモニュメントバレーへ 走行距離:426キロ

昨夜の相方の不調からサンライズ晴れはあきらめていたら、彼の大丈夫そうだという声で起床。
サンライズで有名なマーサポイントへGO!ガイドに書いてあったとおり、かなりの寒さ。5,6度と思われる。ダウンを持ってきて正解でした。

ポイントはかなりの日本人率。東側は徐々に明るくなり始めるがお日様が顔を出すには結構時間がかかる。顔を出し始めると、日本人の中には手をたたいて拝み始める人までいる。「これからもよろしくお願いします」なんて挨拶しあうおばちゃん達もいて、新年の迎えたかのようだ。微笑ましい。日が出ると、キャニオンに徐々に光があたり、影ができて、昼間より形がより強調されてすばらしい。

IMGP1108.jpg Google Mapsで位置を確認
日が差し始めてます

IMGP1120.jpg Google Mapsで位置を確認
差し始めた日がキャニオンに

IMGP1127.jpg Google Mapsで位置を確認
太陽が顔を見せ始めました。

IMGP1133.jpg Google Mapsで位置を確認
サンライズ!

IMGP1141.jpg Google Mapsで位置を確認
昨日の昼より美しく見えます。


せっかくなのでヤバパイポイントへ。マーサポイントからすぐです。日があたるところがマーサより近くから見える。美しい。ベッカム似のイケメン外人をわざわざ選び、相方とのツーショットを頼みました。

IMGP1152.jpg Google Mapsで位置を確認
日がかなり昇ってきました。


チェックアウト後は公園の入り口手前のガソリンスタンドへ。満タンにして再入場。モニュメントバレーへ向かう。公園を横切らないとかなりの回り道になるようです。通り道なので、昨日あきらめたリパンポイントへ。数ある展望台の中でも最も美しいとのこと。キャニオン全体が見渡せ、サイドにも遮るものがなく、実際一番美しく感じました。

IMGP1162.jpg Google Mapsで位置を確認
180度キャニオンです。

IMGP1166.jpg Google Mapsで位置を確認
リパンポイント谷底に見えるのはコロラド川でしょうか。


次は一番端にある高台のデザートヴューポイントへ。断崖の向こうにはるかに続く地平線まで見えます。山も見えました。ウォッチタワーはおしゃれな作り。中には先住民の?壁画が描かれています。

IMGP1172.jpg Google Mapsで位置を確認
おしゃれ

IMGP1177.jpg Google Mapsで位置を確認
グランドキャニオンともお別れ〜


グランドキャニオンを十分に堪能し、今回一番楽しみにしていたモニュメントバレーへ!
途中シーニックポイントが何個かありました。まっすぐな一本道が続きます。またもやB’zのRUNが合うロードです。約2時間たったところで運転交代。徐々に赤い大地が増えて、胸が高鳴ります。日本でこんな色の大地、見ることないですからね。

IMGP1193.jpg Google Mapsで位置を確認
割れ目の中はグランドキャニオンと同じなんでしょうね〜。

IMGP1197.jpg Google Mapsで位置を確認
一本道が続き快調

IMGP1264.jpg Google Mapsで位置を確認
遠くにビュートが!!


カーナビの到着時刻より45分ほど早くグールディングズに到着。時計だと12時ですが、ここでは夏時間を採用。13時です。早くチェックインが可能だったので、部屋に荷物を置き、レストランへ。

IMGP1311.jpg Google Mapsで位置を確認
グールディングズロッジはこんな岩のすぐ下にあります。

IMGP1293.jpg Google Mapsで位置を確認
ベランダからの眺め。最高です。

IMGP1295.jpg Google Mapsで位置を確認
部屋の中はシンプルな作りです。


有名なナバホタコをいただきます。事前のリサーチによると量が多すぎとのことだったので、一つ頼んでシェアします。パンは揚げてあり、外はカリカリ、中はもっちりです。少々油っこいけど悪くない味です。

IMGP1304.jpg Google Mapsで位置を確認
ナバホタコ


3時半からの3時間半のグールディングズツアーを申し込み、近くのランドリーで洗濯をし、車でビュート近くまで行って見ます。道に横たわる写真を撮りたかったのだけど、車が多くてかなわず残念。

IMGP1313.jpg Google Mapsで位置を確認
ロッジから見たビュート


バレーツアーではまずナバホ族の家を訪ね、いよいよビュート(残丘)へ!近くで見るとまたまた圧巻です。ずっと憧れてきた光景が目の前にexclamationでもずっと憧れてきたものを実際に目の前にするとすぐに「感動」という感情は沸いてきません。実感できずちょっと困惑した感じ。翌日になってようやく実感でき、まさに「感動」したです。

IMGP1349.jpg Google Mapsで位置を確認
有名な3つのビュート

そして通常入れない場所まで入っていきます。オフロードなので道はガタガタですが、静かで別世界でした。360度赤いビュートしかありません。それぞれ名前がついているようでガイドさんが説明してくれます。トータル3時間半で、終了するころにはサンセット近く。夕焼けにビュートが映えました。本当にはるばる来て良かった!

IMGP1370.jpg Google Mapsで位置を確認
ジョン・フォードポイント。馬に乗ったカウボーイが現れます。
憎い演出をしてくれるものですわーい(嬉しい顔)。もちろん撮るしかないでしょう。

IMGP1392.jpg Google Mapsで位置を確認
この車で周りました。ビュートに囲まれシーンとしています。

IMGP1396.jpg Google Mapsで位置を確認
sun's eye

IMGP1463.jpg Google Mapsで位置を確認
夕焼けにたたずむビュート


夕食は昼食と同様のレストランでステーキをオーダー。狂牛病のことなど忘れてました。少々パサつき気味ですが、醤油がおいてあり、久々のジャパンテイストでおいしくいただきました。

IMGP1483.jpg Google Mapsで位置を確認
日本人に醤油はかかせません。

IMGP1484.jpg Google Mapsで位置を確認
ナバホ族居留地ではアルコールは禁止。ノンアルコールビールです。


部屋に戻り髪にブラシを通すがなかなか通らない!バレーツアーでは風&ほこりがすごかった!やっと通ると白いブラシが赤く染まっていました。日本に帰ってきた今でも赤いままです。
→5日目へ